【Blog】月1くらいでココを掃除すると「新築感」が保てるかも

毎日生活していれば、ほこりや汚れは避けて通れないもの。

床のお掃除は日々してると思いますが、年数が経って新築の時との違いが目立ってくる部分がこちら。

床と壁の境に付ける「巾木(はばき)」と呼ばれる部材。

厚みは1cmもありませんが、意外とほこりなんかは溜まりやすいです。

巾木を目立ちにくくするために白を選ぶ場合もありますが、逆に汚れは目立ちやすい。

デザインか性能か、悩ましいですね。

巾木の上が綺麗だと、なんとなく部屋全体が綺麗に見える気がします。

掃除機を掛ける際に、ブラシで掃除機の上もかけるといいかもしれません。

(ルンバの場合は別でやらないといけないですね!)

また、こんなところもポイント。

コンセントやスイッチのプレートも、厚みは1cmもありませんが、同じようにほこりは溜まります。

クイックルハンディーなんかでサッと拭くだけでも綺麗になりますね。

日々のお掃除ほどの頻度は必要ないですが、汚れが取れやすいうちにお掃除することが綺麗を保つ秘訣です。

PAGE TOP