【Blog】吹抜けのご利用は計画的に

「吹き抜け」

家を建てる時、あこがれと不安NO.1じゃないでしょうか。

当然気をつけないといけないコトも多い。

でもうまくつくれば、開放感以上のものが得られます。

いいトコロ

・広々とした空間がつくれる。

これは特に説明不要ですね。

・狭い土地でも、家の奥まで光りを取り込める。

隣の家との間が近いときでも、吹き抜けなら上から光が入るから家じゅうに光が入る

・ちゃんと窓をつければ、夏の暑い空気を外に逃がせる。

暑い空気は上へいくので、吹き抜けに窓とファンをつければ暑い空気を効率よく外に出せる。

などなど。

気をつけたいトコロ

・断熱計画は超重要

空間が大きくなるので、エアコン・ストーブなどの効きは下がります。

ただ、きちんと断熱材やサッシを選べば問題なし。

・光が届くから、音やにおいも届く。

吹き抜けが廊下と繋がってると、個室までリビングの音が聞こえる場合も。

これはメリットになるときもありますが。

・どうやって掃除するかも要検討。

電気の交換(LEDなら10年に1度くらい)・窓やファンをどうやって掃除するかも考えておきたいですね。

PAGE TOP